2011年09月10日

八方アルペンライン・白馬八方尾根トレッキング 2

白馬八方尾根


八方尾根自然研究路 トレッキングガイドマップ
(八方池山荘横の案内板です。)

拡大版はこちらです。





ゴンドラリフト、アルペンクワッドリフト、
グラートクワッドリフトと乗り継ぎ八方池山荘に到着。


八方アルペンライン終点の
八方池山荘から八方池へ行くには、
距離は少し長くなりますが、

ゆるやかなルート(八方尾根自然研究路ルート)と、
距離が短い急登ルート(尾根コース)があります。


過去2回の八方尾根歩きは、
急登ルートをスイスイと一気に登ったのですが、
今回は、歩きやすい八方尾根自然研究路をのんびり登ることにします。





白馬八方尾根



歩き始めは、こんな感じのゆるやかな石畳を登ります。



※急登ルート(尾根コース)を歩いた場合は、
お天気さえ良ければ、白馬三山を間近に
見ながら歩くことができます。


八方尾根自然研究路から見える景色は、
八方アルペンライン乗車中に見えた景色とさほど変わらず、




白馬八方尾根



白馬八方尾根



白馬八方尾根







登って来た八方尾根自然研究路を振り向くと、



白馬八方尾根


赤い屋根の八方池山荘が見えます。
その右は、グラートクワッドリフト乗降口です。

背後の山並みは妙高・戸隠方面です。多分。



もう少し、登った場所からも一枚。



白馬八方尾根



左端は八方池山荘・リフト乗降口






白馬八方尾根



白馬八方尾根



白馬八方尾根



八方尾根自然研究路は、
このように整備されていますので
とても歩きやすいです。





白馬八方尾根

ニッコウキスゲ



白馬八方尾根




白馬八方尾根



白馬村が一望できてなかなかの眺望です。

雪渓も・・・。


振り向いて写真ばかり撮っていますと
なかなか前進しないので・・・・

この辺りから、ちょっと、スピードを上げて登ります。


白馬八方尾根



もう少し登ると、




白馬八方尾根




八方ケルン(標高 2080m) が小さく見えてきました。

この木道の先に休憩用のベンチがあり、

そこから少し登れば、第2ケルン(標高 2005m)に到着です。



白馬八方尾根


八方ケルン(行列ができています。)





八方池山荘から八方尾根自然探究路を辿り、
八方池(標高2060m)までの往復5kmのトレッキングは、

八方池山荘(1時間30分)→ 八方池(1時間)→ 八方池山荘

歩行時間は、往復2時間30分ぐらいの予定でしたが、

八方池に辿り着くまでに3時間ほどかかりそうなペースです。


それでも、登山道脇の色とりどりの高山植物も
眺めながら、撮りながらの八方尾根トレッキングに
浮かれていましたら・・・



カメラ没収・・・されました。


まぁ、ここからは、

荷物が軽くなってフットワーク良く前進です・・・・。



次回に続きます。




写真撮影日 2011年7月12日









八方アルペンライン

所在地 長野県白馬村

料金 八方アルペンライン通し券・
片道 大人1400円・小学生790円、
往復 大人2600円・小学生1460円(未就学児は大人1名に対し1名無料)

アクセス JR大糸線白馬駅からアルピコ交通バス約5分
(アルピコ交通白馬営業所 TEL 0261-72-3155)

八方バスターミナルから徒歩約10分(ゴンドラリフト八方駅)

● 八方インフォメーションセンター(白馬八方尾根の総合観光案内窓口)
八方バスターミナル内1F、
道の駅白馬、白馬村観光案内所、道の駅小谷等に、
八方アルペンラインの割引券が有ります。