2011年09月12日

上高地から見えた、奥穂高岳〜(吊尾根)〜前穂高岳間の不思議な光景

前回の八方尾根の続きの予定でしたが、内容を変更します。

一昨年、上高地を訪れた時に撮った写真の中に、
ずっと気になっていたものがあるのです。


以下の写真の撮影日は、2009年9月13日 

もちろん、加工無しの写真です。
 



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 17:19:53.30

写真右は、前穂高岳です。



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 17:20:10.80



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009月9月13日 17:20:20.40



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 17:27:33.00




歩いているような人影に見えませんか?




上の写真を順番に拡大してみます。



前穂高岳吊尾根



前穂高岳吊尾根



前穂高岳吊尾根



そして、ガスがすっかり消えて、



前穂高岳吊尾根



一昨年の2009年9月13日の夕方、

穂高連峰を覆っていた雲が消え、

陽が差してきましたので、
穂高連峰のアーベンロートを期待して、
宿泊ホテルの上高地清水屋ホテル前からカメラを構えました。

残念にもアーベンロートは撮影することが出来なかったのですが、

まるで、人間が歩いているような不思議な光景が写っていました。


上高地から帰宅後、

9月13日の北アルプス奥穂高岳と
前穂高岳間にある吊尾根の登山道での遭難事故を知り、

単なる光と影の織り成す自然現象の造形を
あたかも不思議な幻影を見るような気持にもなり・・・・。

流石に、2年前の当時はこの写真をブログに掲載するのは、
山のミステリー的な興味本位の記事と受け取られそうで・・
それに、ご遺族のお気持ちを思うとできませんものね。


ニュース記事によると、

遭難事故の110番通報があったのは、
2009年9月13日午前11時15分ごろ。

この日の穂高連峰は、ひどいガスと強風の悪天候で
近付けなかったため、県警の捜索は、翌、14日朝になったのです。



以下、2009年9月13日上高地から撮影した
ガスに覆われたの穂高連峰の写真です。



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 12:29:24.50 (大正池からの穂高連峰)



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 12:42:51.30



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 15:52:27.00



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 16:00:26.80



そして、午後5時20分頃、ガスが消えると・・・



前穂高岳吊尾根

撮影日:2009年9月13日 17:20:10.80



このような不思議な光景が現れたのです・・・・。












尚、2年前の上高地の旅行記は、こちらに掲載しています。







上高地

所在地 長野県松本市安曇上高地