2013年03月25日

沖縄県南西諸島 先島諸島・宮古島旅行記4

宮古諸島離島めぐり

渡口の浜

伊良部島にある宮古地方の代表的な海水浴場。
真っ白な砂浜が広がっています。



宮古諸島離島めぐり



宮古諸島離島めぐり

伊良部島から宮古島に戻ります。



宮古諸島離島めぐり

2011年4月にオープンした宮古島海中公園。

宮古島の北に浮かぶ池間島へ行く途中、ちょっと立ち寄ります。


海底約4mの世界に高さ1.5m、幅50cm、厚さ12cmのアクリルパネルの窓が
24枚の宮古島海中公園。



宮古諸島離島めぐり

1枚目のアクリルパネルの窓です。

2枚目のアクリルパネルの窓からも・・・・
3枚目のアクリルパネルの窓からも・・・・

生物らしきものは、・・・・・見えません。

4枚目、5枚目、・・・アクリルパネルの窓を20数枚通り過ぎ、
左端の窓に来た頃にやっと遭遇!



宮古諸島離島めぐり

お魚くんは、なかなかこちらを向いてくれません。


宮古島海中公園では、カラフルな熱帯魚の大群を見られると思いきや、
フツーのお魚の後ろ姿1匹とその他4匹・・・・・。

所用時間は、5分。入場料1,000円。

池袋のサンシャイン水族館の入場料(水族館・展望台セット券)大人2,150円が
とても安く感じる施設です・・・・

なんてことは、絶対に申しません。

地上にある展望台からは宮古の綺麗な海を眺める事が出来ますもの。
もうそれだけで十分なのです。

そうなのです。施設内よりも外の景色だけで十分満足なのです・・・。



宮古諸島離島めぐり

イキヅービーチ 

ハート型に開いた穴の岩があるイキヅービーチ。

NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」のロケ地となった後、
池間島では有名な観光スポットになったようです。

「純と愛」は、初回から3回までは見たものの、
続きは新聞のテレビ欄のあらすじで済ませています。
今週で終わりですね。



宮古諸島離島めぐり

宮古島と池間島とを結ぶ全長1,425mの池間大橋。



宮古諸島離島めぐり

池間大橋



宮古諸島離島めぐり

西平安名岬の風車(沖縄電力)

2002年の台風16号と2003年の台風14号によって5基全倒壊したのですが、
2008年6月に3基が復旧しています。



宮古諸島離島めぐり

島尻マングローブ林



宮古諸島離島めぐり

宮古島東急リゾートホテルのオオシャコガイ。

オオシャコガイは世界最大の二枚貝で、光合成による養分を吸収して生息します。
最も大型では殻長2m近く、重量200kgを超えます。

宮古島東急リゾートホテル正面のオオシャコガイは推定年齢155歳。
貝の表面から推定年齢が計算できるそうです



宮古諸島離島めぐり

宮古島空港、トニナシ。 

宮古島の方言「トニナシ」は、「さようなら」。






因みに、

宮古島周遊コース(八千代タクシー)
3時間コース 10,440円
4時間コース 13,920円
5時間コース 17,400円


宮古島観光地周遊バス(八千代バス)夏季限定(8月1日から9月30日)
宮古島一周コース 大人 3,500円 子供 1,500円







2013年03月25日 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県宮古諸島
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64059996
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック