2013年09月04日

上高地・高山・乗鞍スカイラインと乗鞍岳の旅行記 その1

今年も行って来ました。国際的山岳リゾート、上高地。
只、今回の旅行のメインは、乗鞍岳です。

いつもは、5月の連休明けの穂高連峰に雪が残る新緑の季節か、
9月末の初秋、夏の観光客の落ち着いた頃に訪れるのですが、
今年は、涼を求めたものですから、上高地が一番賑わう季節にハイキングです。

いつものように、松本駅まで「JR特急スーパーあずさ1号」に乗車。
そして、乗り継いだバスは、大正池で降車します。(松本バスターミナルから約90分)


上高地

大正池



上高地

やはり、8月は観光客で賑わっています。



上高地

大正池から望む穂高連峰。定番の撮影スポットです。



上高地

大正池から田代池への遊歩道。



上高地

焼岳と立ち枯れの木々。



上高地

上高地は、標高1,500mです。



上高地

わたしたちが訪れた3日前の8月25日 午後2時頃、
大正池そばの田代湿原にツキノワグマが出没したようです。

上高地では、8月22日と24日にも目撃情報がありましたので、
もちろん、熊鈴は、携帯していましたが、日中は観光客で賑わっていますので今回はポケットの中です。



上高地

田代池



上高地

田代湿原からの穂高連峰。



上高地

ここにも、「熊に注意」の看板があります。


突然、お互いにばったり遭遇しないように、
熊さんが感知できる「人間に注意」の「お知らせ熊鈴」は、必要のようですね。
でも、観光客全員がジャランジャラン鳴らすと、ちょっと興ざめな上高地になるのでしょうか。

でも、心配御無用。用心深いのは私だけのようです。

遊歩道を歩く観光客の皆さん、熊鈴を携帯している方は全くいません。
(本格的な登山スタイルの方は、携帯していますが。)



上高地

田代橋からの穂高連峰。

白い建物は、「上高地ルミエスタホテル(旧 上高地 清水屋ホテル)」です。
上高地では、毎回、こちらに泊まっていますが、
今回は、飛騨高山の「ホテルアソシア高山リゾート」です。

因みに、「上高地ルミエスタホテル(旧 上高地 清水屋ホテル)」の客室の様子は、こちらに掲載しています。
http://yoimatsuri.sblo.jp/article/56192426.html



上高地

「上高地帝国ホテル」

散策の途中に立ち寄りましたが、
ロビーラウンジ、レストランは、大変な混み具合です。

運ばれてきた料理をサッサと食して脱出。
この騒然とした「上高地帝国ホテル」での時間は無かったことにしましょう。

その後、


上高地

梓川の畔のベンチで、この上高地の自然を満喫した訳ですが・・・。

今年は、ちょっと残念な「上高地帝国ホテル」でした。
いえいえ、夏真っ盛りの観光シーズンですもの、混雑は致し方ありませんね。

序なので、「帝国ホテル」の東日本大震災時の
心の温まるエピソードを紹介しておきましょう。

日比谷の「帝国ホテル東京」は、東日本大震災が起きた2011年3月11日、
ホテルの宿泊客やレストランの利用者だけでなく、
外部から2000人の帰宅困難者を受け入れたのです。

ロビーや宴会場、廊下スペースを開放したばかりか、
毛布やペットボトルの水、保存食などを無料で提供し、
交通機関が復旧する翌朝6時30分には
水とパンを再度配布したほか、宴会場で温かい野菜スープを振る舞ったそうです。

携帯電話の電池切れの帰宅困難者には、フロントで充電もしてもらえたようです。

近隣の外資系ホテルではドアを開けてもくれなかったそうですが・・・。
(こちらも、防犯上致し方ない選択だったかもしれませんね。)



上高地

2013年8月28日の上高地は、快晴。気温 10時 20℃、15時 21℃



上高地

中央は、岳沢小屋。(標高2,230m)



上高地

河童橋からの梓川。



上高地

穂高連峰。



上高地

明神池方面へ歩きます。



上高地

明神池への遊歩道。


河童橋から明神池まで(右岸コース)の景観は、
過去の写真とほぼ同じなので、こちらの過去のページでご覧下さいませ。
http://yoimatsuri.sblo.jp/article/33023136.html





上高地

今回は、飛騨高山に宿泊なので、バスターミナルへ戻ります。

上高地バスターミナル →(25分)→ 平湯温泉乗り換え →(50分)→ 高山濃飛バスセンター(JR高山駅すぐ横)



ホテルアソシア高山リゾート

宿泊のホテルは、人気温泉旅館ホテル250選に5回以上入選している「5つ星の宿」、
「ホテルアソシア高山リゾート」です。

高山駅からは無料のシャトルバスがあるので便利です。



ホテルアソシア高山リゾート

「ホテルアソシア高山リゾート」の客室です。



ホテルアソシア高山リゾート

客室からは、高山市内と北アルプスが一望です。



ホテルアソシア高山リゾート

客室からは、北アルプスの大パノラマが広がります。

また、ホテルの露天風呂からも北アルプスの雄大なパノラマを望めます。



ホテルアソシア高山リゾート

暮れゆく高山市内。



ホテルアソシア高山リゾート

客室からの笠ヶ岳の夕景。


そして、一夜明けて、



ホテルアソシア高山リゾート

客室からの日の出前の景色です。



ホテルアソシア高山リゾート

客室からは、北アルプスから朝日が昇る景色を見ることが出来ます。

29日の早朝は、北アルプスの山々に雲がかかっていたので
「北アルプスの日の出」は、こんな感じの写真になりました。


次回は、江戸時代の街並みが随所に残る飛騨の小京都、高山の観光です。








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/74067047
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック